読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚痴のち悪態、時々晴れ

愚痴も悪態も降り続けたらいつかは晴れるかな

婚活パーティーのすすめ、その3。

有楽町のパーティーでまったく成果のなかった私とTちゃん。

「あんなにたくさん覚えられない!!」

と意見が合致したので、次はもうメモ書こう!と2人で作戦会議。

「もう会うことない人大半だから気を使うことないっしょww」

「てかさっきの私と同じ番号の人カレーしみついてたww」


季節はバレンタイン。

楽しそうにチョコを選んでいる女子達にまぎれて、くすんだ目をした私達は有楽町でのパーティーでの悪口を言いながら次の会場に向かいました。


次は新宿で、年齢が確か男の人28~39のパーティー。

35歳くらいがいいなぁ。
と思いながらプロフィール見ていたんですけど、驚異の39歳率の多さ!

8人いて6人が39歳でした。

いや、制限はオーバーしてないからいいんだよ?
いいんだけど必死さが伝わってくる\(^^)/


次はメモ書こう!

と決めていたんですけど、書く必要がなかったです。

皆×だから\(^^)/


年が上だからないんじゃなくて、もう皆おっさんすぎるんですよ。
身なりも体型も気にしていない。
せめて小綺麗でいろよ!と思いましたね。


Tちゃんも同じ気持ちだったみたいで、2人ですぐエレベーターに向かう。

そこで3人グループの女の子と相乗りしたんですけど、もう散々言ってましたw

「あんなん無料でキャバ嬢したようなもんだわww」
ってのは的を得ているなと感心w


こんなかんじで、京初の婚活パーティーは3000円無駄にして終わりました\(^^)/

また行きますか?
と問われたら小一時間悩むと思うww